お歯黒をご購入いただけます。 TEL 0869-66-0210、 FAX 0869-66-9357 | お問合せ |
商品カテゴリ
テンペ食品
伝統品  お歯黒
お店からのお知らせ
発酵ってなあに?
用語解説
珍しい木の芽
リンク 集
サイトマップ
商品検索
※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ
ショッピングカート
0 点の商品が、
ショッピングカートに入っています。
カートをみる 会計
伝統品  お歯黒

お化粧(額の中心に丸)に使われていた「お歯黒(おはぐろ)」。現在では、歴史研究家、歯科技師、技工士の他多数の方が香登お歯黒研究会を支えています。
お歯黒は黒豆を炊くときに、お歯黒5gをお湯または水に混ぜ250gの黒豆を浸漬する方法が普通です。お歯黒はなすを漬けるときにも使います。材木おはぐろを塗ると特徴ある素材になります。                                         

お歯黒について
伝統品  お歯黒
黒豆の煮方
ならべ替え
表示件数
ぬれツバメ 商品名: ぬれツバメ
商品コード: 090

販売価格:\ 620  

商品説明

お化粧(額の中心に丸)に使われていた「おはぐろ」現在では歴史研究家、歯科技師、技工士の他多数の方が香登おはぐろ研究会を支えています。
 (1袋(5g)よりeメールでご注文いただきますと、商品と切手代を含め振り込み用紙を同封しでお送りします。(郵便振替のみです。クレジットはご利用できません。
 

 

<< 前へ 1 次へ >>




                 お歯黒について
お歯黒情報
「香登お歯黒」は中国 鑑真和尚の工人が備前の國(現在は備前市)香登に伝えました。
原材料をてに入れるのに都合がよい所でした。昭和20年代まで続きました。
その後香登お歯黒研究会、歯科医の先生が研究及び保存(出版)されております。
現在でも黒豆を煮る時、なすを漬る時、手品、材木に貫禄を付けるのに使われています。

古いお歯黒包装1古いお歯黒包装2古いお歯黒包装3

残っている香登の古いお歯黒包装です。

五倍子1五倍子2

お歯黒は漆の木に寄生して出来た五倍子が主成分です。

詳しくは「香登お歯黒研究会」 出射会長にお問い合わせください。

香登お歯黒研究会
会長 出射孝蔵   岡山県備前市香登西1029−3

ご注文、商品の連絡先は
日東酵素株式会社
岡山県備前市坂根96−1
TEL0869−66−9351
FAX0869−66−9357

はぜ・木蝋・お歯黒
「香登お歯黒」原料はウルシです。全国ではうるし、特に「はぜ」の実が木蝋の原料として、
愛媛県内子町、島原でも昔は 10万本植樹されたと記されています。
温暖な気候で「チョウチン苔」がある所で五倍子が出来ます。
備前の国でも「お歯黒」と「和ロウソク」がさかんでした。
「日本ローソク」が有名ですが、食べる「ロウソク」として昔は樽の液漏れ止めに、
現在も口紅の主原料です。

島原城に展示してある蝋絞り装置の写真をご紹介します。

搾り器

搾り器

はぜの実と木蝋

はぜの実と木蝋

トップへ

| 会社概要 | プライバシーポリシー | お支払方法について | 配達について | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
発酵食品・・・テンペ食品・紅麹食品・豆腐よう(准南漬)・生ラーメン・・・どこにもないが・ここにある。